厚木で立ち飲みバー

厚木で異性と出会う手段に挙げられるものとして立ち飲みバーというものがあります。

 

普通の着席形式のバーと異なり立ち飲みバーであれば、女性と出会いやすいメリットがあるので、お伝えしていきます。

 

立ち飲みバーの良い点

気軽に動ける

立ち飲みバー形式だと、座る場所がないので、店内を勝手に行くことが出来ると利点があります。

 

なので、話しかけたい女性を見つけたら、スーッと声を掛けることも出来ます。

 

距離感が近い

ラウンジのような着席形式になると、テーブルを境にして、異性と相対することが基本ですが、立ち飲みバーのお店では、女性の横にそのままポジショニングすることも出来ます。

 

そのような感覚が、異性との関係を深められる重要な要素となります。

 

コスパがグッド

立ち飲みバーの場合、席に座りながら、ゆったりウイスキーなどを飲みつつ時を過ごす形ではありません。

 

ですから、少しだけ飲んだとしても問題ありませんし、連れの友達がいなくても構いません。

 

それに、座り席がない分、料金も控えめのところが多いので、立ち飲みバーにおける費用対効果は高いと断言できます。

 

立ち飲みバーにはデメリットも

しかし、その一方で、厚木の立ち飲みバーで出会いたいと思っている人は、以下の点に気を付ける必要があります。

 

疲れる

立ち飲みバーの場合、実際、座るスペースがないので、その分、疲れます。

 

さらに、人の出入りが激しいので、時間をかけてお酒を楽しみたい人にはおすすめとは言えません。

 

落ち着いて話すことは出来ない

厚木の立ち飲みバーで人が集まりやすいお店だと多くの人達が集まります。

 

賑やかであることはいいことなんでしょうが、マイナス的な表現をすればうるさいとも言えます。

 

そうなったら女の子と落ち着いて話すのが難しく、声のボリュームを上げないと話しづらくなります。

 

社交性がないと・・・

人が集まる場所だと、どうしても社交性が重要となります。

 

人間関係が苦手な人は立ち飲みバーにおいて女性に話しかけたり、仲良くなったりすることはなんだかんだ言ってハードルが高いです。

 

ですので、社交性に自身がない方は、立ち飲みバーへ行くのではなく出会い系サイトを使った方がオススメです。

 

>>厚木でオススメな出会いの方法はコチラ